FC2ブログ
2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
夕樹七瀬女王様
2010/03/07(Sun)
ストリップ劇場のSM興業を見に行った時、一度だけ裸になって舞台に上がったことがあります。裸といっても上半身だけでしたけれども。

横浜の京浜急行日の出町駅の近くに浜劇というストリップ劇場があります。
ここは12年程前までは日の出ミュージックという劇場で、その頃も時々SM興業をしていたことがあり、私も何回か訪れたことがあります。

日の出ミュージックは、たしか97年の末頃にオーナーが代わってラムールという劇場になり、内部が改装されて少し綺麗になり、入場券のもぎりをする従業員が蝶ネクタイをするようになったりして雰囲気が一新し、それまでの非常に暗い雰囲気の劇場から、明るくて入りやすい感じの劇場になりました。
踊り子さんも若くて明るい感じの人が増え、またリボン投げをしたりタンバリンを鳴らす客がいつも来るようになって、ポラロイドの時間など、そういった人たちと踊り子さんが談笑する風景も普通に見られるようになりました。

ただ、ラムールになってからはSM興業は全く行われなくなりました。
そしてその後、この劇場はまたオーナーが代わり、ロック座の系列になりましたが、しばらくの間はラムールの名前で営業していました。
ところが火事に遭って建物が少し損傷したことを機会に、入り口の前に砂利を敷いたりして居酒屋の入り口のように改装し、浜劇と名前を変えて営業するようになりました。

浜劇になってから一度SM大会が開かれて、有名なSMパフォーマーの方が三人ほど来演し、また女王様として緒方美樹女王様がいらっしゃって、観客参加の公開奴隷調教を行われる予定でしたので私も観に行きました。

日の出劇場の時代に一度、緒方美樹女王様の公開奴隷調教ショーを拝見したことがあって、その時は女王様よりも結構若い青年が1人で舞台に上がって、女王様のご調教を受けていました。
緒方美樹女王様はとても素敵な大人の女性で、私は是非また緒方美樹女王様のステージを観たかったですし、それにもしかしたら自分が奴隷として舞台に上げられてしまうのではないかと思って、ドキドキしながら浜劇に出掛けました。

ところが劇場に行ってみると、何かの都合で女王様はおいでになっておられず、普通の踊り子さんが代わりに出演されることになっていました。

他のパフォーマーの方のステージは素晴らしかったのですが、女王様の出演がなかったのでがっかりして帰ったものです。

その後は浜劇ではしばらくの間、SM興業は行われなかったのですが、2007年の初めから2年ほどの間、二代目・一条さゆりさんの率いる「美的SM」の興業が何度か行われました。
そして、私も2回だけ「美的SM」の公演を観に行く機会がありました。

最初に浜劇に美的SMを見に行ったのは、浜劇での初めての公演の時だったと思います。

その日は女王様はどなたがいらっしゃるのかわからなかったのですが、いらっしゃったのは嬉しいことに夕樹七瀬女王様でした。

女王様が登場される前にステージが暗くなり、やがてライトが客席に背を向けて立っていらっしゃる女王様の後ろ姿に光を当てます。

セパレートの白いエナメルの衣装を身に着けられて、乗馬鞭を手にされた素晴らしいプロポーションの女王様が客席の方を向かれると、その方がスナイパーEVEのグラビアなどで見たことのある夕樹七瀬女王様だということがわかりました。

七瀬女王様は思っていたより背が高くてスタイルが良く、またとても可愛い方でした。
まず、音楽に合わせて素晴らしいダンスを披露して下さり、そのあと観客の中から2人の男性が舞台に上がって七瀬女王様のご調教を受けました。

ステージの上には人を吊るしても大丈夫な金具があり、七瀬女王様は男性の1人を逆海老反りの格好で両手両足をロープで縛って吊るし、男性の上に乗って大きくブランコを漕ぐようにされて、女王様として完璧な技術をお持ちであることを示されていました。

七瀬女王様の公開奴隷調教はほのぼのとしたものでしたが、とてもお美しくて可愛い方でしたので、十分に楽しんで観ることが出来ました。

美的SMのステージではフィナーレの後に客に女王様のご聖水を飲ませて下さるサービスがありました。
出演者の方々がいったん退場されたあと、女王様やS役の出来る女性がまた戻ってきて舞台上にお並びになり、一条さゆりさんがご聖水を飲みたい客は舞台に上がってくるようにと言うのです。

希望する客は上半身裸になって舞台に上がり、ご聖水を飲ませていただきたい女性のお名前を一条さゆりさんに言って、その女王様の傍らに並んで順番を待ちます。

私は七瀬女王様の魅力に一度で虜になって、どうしても七瀬女王様のご聖水を飲ませていただきたくなり、舞台に上がる恥ずかしさなどどうでもよくなって、上半身裸になって舞台に上がり、七瀬女王様のご聖水を希望することを一条さゆりさんに告げました。

ご聖水を飲ませていただく時は、舞台に敷かれた紙タオルの上に頭を載せて横たわり、女王様が顔の上にお立ちになって、口を目掛けてご聖水を放出して下さいます。

私の番になって、七瀬女王様は私の口に期待していたよりもに多くのご聖水を放出して下さいました。
それでご聖水を全部はきちんと飲み込めずに口から少しこぼしてしまいました。
それをご覧になった七瀬女王様は、笑われながら「喉で飲むのよ!」と言って下さいました。七瀬女王様のおっしゃる通りにしてみると、確かにご聖水を味わって飲もうとするからこぼすのであって、喉に直接流れるようにしてご聖水を飲めばこぼさずに飲み干すことが出来ることがわかりました。

後日、七瀬女王様のHPから、七瀬女王様がとても可愛い女王様で、踊りが素晴らしいと思ったこと、またせっかく飲ませていただいたご聖水をこぼしてしまってお詫びしたいことなどをメッセージに書いて送信しました。
すると、嬉しいことにすぐに七瀬女王様から「お前のこと、ちゃんとおぼえているわよ。お前のメッセージを読んで噴き出しちゃったわ。確かに喉で飲みなさい、と言ったわね」などと書かれたお返事をいただきました。

七瀬女王様はお美しくて、可愛くて、とても優しくて素晴らしいお人柄の方だと思いました。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
この記事のURL | 女王様の公開奴隷調教 | CM(0) | ▲ top
女王様の公開奴隷調教ショー(横浜・日の出劇場)
2010/03/06(Sat)
初めてストリップ劇場で女王様の公開奴隷調教を観たのは1995年の2月のある日曜日、横浜の日の出ミュージックでのことでした。日の出ミュージックの名前を知ったのは、90年代の初めにS&Mスナイパー誌の読者投稿ページで「日の出ミュージックで何々女王様のご調教を受けました」という手紙が紹介されていたのを読んだ時です。
その時はSM大会ではなく、女王様が2人と普通の踊り子さんが3人出演していました。踊り子さんの舞台はSMとは全く関係のないものでしたが、観客のほぼ全てが女王様の公開奴隷調教を目当てに来ていたと思います。

私は開演時間を過ぎてから劇場に着いたのですが、女王様の出演はまだで、女王様のステージは2つとも観ることが出来ました。満席で立ち見客もたくさんいて、舞台がよく見える場所を見つけるのが大変でした。
結局舞台に向かって右側の、背を壁にもたれて立っていられる場所で、最後まで立ちっぱなしでショーを見ることになりました。

女王様の出番の前に場内が暗くなり、「次は○○女王様の公開奴隷調教ショーです」というアナウンスがありました。そして照明がつくと、舞台中央で椅子に腰掛けられて脚を組まれ、手に乗馬鞭を持たれた女王様の姿が現れました。
女王様はまだ20歳前半とお若く、髪を後ろに束ねられていて、黒エナメルのビキニの上下をお召しになっていて、黒の網タイツに黒のハイヒールというお姿でした。椅子の傍らにはプラスチック製のカゴが置かれていて、カゴの中には鞭やロープ、蝋燭などが入っていました。
「女王様のご調教を受けたい方は舞台に上がって下さい」というアナウンスがあると、3ー4人の男性が一斉に舞台に上がり、舞台の袖で衣類を脱いで全裸になり、椅子に腰掛けられた女王様の前で膝立ちになりました。奴隷は痩せた中高年の人ばかりで、真冬でとても寒い日だったので、シャツやズボンを脱ぐとほとんどの人が白い長袖の下着とズボン下を着ていて、そんな格好から全裸になると痩せた体がさらけ出されて、お若くて美しいコスチュームをお召しになった女王様の前ではとても惨めで鬼気迫る光景で、私は見ていて圧倒されました。

奴隷達の準備が整うと、女王様は椅子から立ち上がられて奴隷達の前に立たれました。女王様は身長は155センチ位で、スリムな体形の方でしたが、ご表情や物腰には申し分のない女王様の威厳がありました。木目の細かい白いお肌と光沢のある黒エナメルのコスチュームがきれいなコントラストになっていました。丸顔のお顔は普段はとても可愛いだろうと思われましたが、完璧な女王様メイクでとても妖艶でお美しかったです。
乗馬鞭をお持ちになった女王様は一人一人の奴隷の前にお立ちになって、ご挨拶をするように促されました。奴隷がそれぞれ土下座して「○○女王様、本日はご調教よろしくお願いいたします」とご挨拶すると、女王様は「お前はどんなご調教を受けたいの?」とお聞きになりました。それに対してほとんどの奴隷は縛りと鞭、蝋燭を希望しました。
すると、女王様はカゴの中からバラ鞭を取り出されて土下座した奴隷達の背中を叩きました。それから一人一人の奴隷を立たせて黒い綿ロープで高手小手に縛り上げ、舞台に仰向けに寝かせて胸や腹、下腹部などに赤い蝋燭の蝋を垂らして責め、最後は一人一人の奴隷の顔の上に立たれてご聖水を飲ませ、奴隷達はそれぞれご聖水を飲ませていただきながら自分のペニスをしごいて射精して果てました。

この時の女王様はあまりにもお美しかったので、私はショーの間、ずっと女王様のことを食い入るように見つめ続けていました。それまで行ったことのあるSMクラブの女王様は、プレイの際はレオタードや黒のワンピースをお召しになっていて、完璧なボンデージ姿の女王様のお姿をじかに拝見することは初めてで、そのあまりのお美しさに一目で呪縛されました。ショーの間、女王様を見つめながら私はずっと激しく勃起していました。私は自分がやはりマゾで、それも女王様然とした方が好きなのだと改めて思いました。

その後、普通の踊り子さんのステージがあり、それからもう1人の女王様の公開奴隷調教ショーがありました。その方は20代後半の方で、髪やメイクやコスチュームも先に出演された女王様と同じ感じでしたが、身長は170センチ程あってスタイルは豊満で、前の女王様の姉貴分という感じの方でした。ショーの内容も前の方とほぼ同じでした。
ただ、調教志願者の募集が行なわれて、2人か3人の奴隷が舞台に上がると、女王様は舞台上から私の顔を見つめられて、キスをするように唇を突き出されるジェスチャーをなさったのです。どうも先程の小柄な女王様は、ショーの間、私にじっと見つめられていることに気付かれていて、私の年格好のことなどを仲間の女王様にお話されていたようです。「真性のマゾらしいのがいるよ」などと話されていたのかも知れません。

その大柄な女王様のショーが終わり、第1回目のステージが終了しました。私はどうしても小柄な女王様のショーをまた見てから帰りたいと思い、第2回目のステージが始まってもそのまま劇場に留まりました。椅子に座っている客で帰る人は全くおらず、私はまた同じ場所で立ち見を続けました。ただ、小柄な女王様が出演される時には壁際から舞台に近い場所に移動することが出来ました。
小柄な女王様が前回と同じように登場されて、調教志願者の募集が行なわれ、奴隷達が全裸になって女王様の前に集まると、女王様は椅子から立ち上がられて「まだ調教されたい奴隷はいるー?」と言われながら場内を見回された後、一往復された視線を私の方に向けられて、私の目を2ー3秒お見つめになりました。明らかに女王様はその目線で「お前も舞台でご調教を受けない?」と私に問い掛けられていました。私は心の中で「女王様、申し訳ございません。今は結構です」と言いながら女王様のお顔を見つめ、それから目を伏せました。すると、女王様は「そう、わかったわ」というお顔をされて私から視線を離されました。私はその時の女王様のご表情に、1人のマゾ男の心を視線で支配したという満足なお気持ちを感じました。

それからの女王様の奴隷達へのご調教は第1回と同じ感じでした。ただ1人の年老いた奴隷の調教は私が立っているすぐそばの舞台の上で行なわれたので、女王様の香水の香りを吸い込むことが出来るくらいの距離で女王様の奴隷調教を見ることが出来ました。

その年の秋に女王様の公開奴隷調教ショーがまた日の出ミュージックであり、私も出掛けてみました。私が劇場内に入ると、ちょうどあの小柄なほうの女王様が今度は赤いエナメルのビキニのコスチュームをお召しになって、奴隷調教をされていました。
女王様は劇場内に入ってきた私のことをお見つめになっていたので、私のことを少し憶えていらっしゃったのかも知れません。その時は中年の奴隷が舞台の上で膝立ちになり、女王様はその奴隷の半立ちになったペニスの亀頭に針を刺されていました。亀頭からは血がたらたらと流れていて、まだ針を経験したことのない私はかなり恐ろしいと思いました。

その小柄な女王様が所属していらっしゃるクラブがわかれば行ってみたかも知れませんが、とうとうわかりませんでした。

この記事のURL | 女王様の公開奴隷調教 | CM(3) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。