FC2ブログ
2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Slaves never cum
2017/04/29(Sat)
tumblr_ol9ujgYiJu1vwael8o1_1280.jpg

cumは卑語で「オルガスムに達する」とか「精液」を表す言葉だということですが、このキャプションを和訳すると


お前達は「イカ」なければという考えを克服しなければならなくなるだろう。

奴隷達は決して(または「ずっと」)イカせてもらえない

終わり


ということでしょうか。

tumblrの男性貞操帯に関するブログでこの画像を見つけたのですが、貞操帯の経験のない私にもこの写真とキャプションはとても刺激的でした。

なぜなら、貴子様はペニス、特に勃起したペニスが大嫌いでいらっしゃって、プレイの初めには私が激しく勃起していても、いつも針や蝋燭などを用いた厳しいベニス責めを行って下さり、私は射精はおろか勃起さえも出来ない状態にされて、毎回プレイを終了していたからです。

その影響や、また年齢のためもあってか、最近はネットなどで刺激を受けて、激しく勃起をしたり先走りの液を沢山出したりしても、想像力を頼りにオナニーをして射精をするということがとても難しくなってしまいました。

いくら勃起しても、いくら先走りの液を流しても、射精がとても困難な状態になっている私は、貞操帯を装着されているのと大して変わらないのではないかという気がしています。

また暖かくなって来たので、外出する際は勿論のこと、自宅でも下の写真のような化繊100%のティーバックをいつも履いているのですが、こういう淫らなティーバックを履いて、激しく勃起させて先走りの液で布地を濡らしていても、自慰では思うように射精が出来なくなっている私は、「奴隷は射精する必要は無い」とお考えになるS女性様には満足出来るものなのかも知れません。

でもやはり、女性に射精禁止を言い渡して頂いて、射精が出来ない方が何百倍も良いですね。

tback1 のコピー

tback4 のコピー

tback5修正


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

この記事のURL | 画像 | CM(0) | ▲ top
何時間でも・・・
2017/03/09(Thu)
貴子様にこのようにして責めていただきたいです。

一生涯童貞の、58歳変態マゾ男のわたくしを、睾丸切除の去勢奴隷にしていただいた上で、このようにして何時間でも拷問していただきたいです。

わたくしが苦しむ様子を、楽しそうに御嘲笑して下さる貴子様のお姿を想像すると、とても切ない気持ちになります。

tumblr_ng40x16Uuc1tmbj8fo1_1280.jpg


この記事のURL | 画像 | CM(0) | ▲ top
刺青
2017/03/07(Tue)
奴隷の証、女王様の所有物としての刺青。

本当に本当に本当に羨ましいです。

tumblr_nrbhv0qXDs1rispuco1_500 のコピー


この記事のURL | 画像 | CM(0) | ▲ top
古い雑誌
2017/03/06(Mon)
古い雑誌に掲載された写真をスキャンしたものだと思いますが、一瞬中野クイーンのプレイルームで撮影されたのではないかと思いました。

SMの認知度が高まった現代の、femdomをテーマにした写真はあっけらかんとしたものが多く、そのぶん背徳的な雰囲気に欠ける傾向があると思うのですが、古い雑誌の写真には、地下に潜って人目を忍んで営まれているような雰囲気が感じられることもあるような気がします。

tumblr_om84ku7sUW1qga26ko1_1280.jpg

tumblr_om84t7PChF1qga26ko1_1280.jpg


この記事のURL | 画像 | CM(0) | ▲ top
不機嫌
2017/02/16(Thu)
tumblr_ok89ncg7vy1vvow1po1_1280.jpg

打たれたらいかにもダメージが大きくて、痛そうな一本鞭を手にして歩く女性の不機嫌な表情が好きです。

これからどのような厳しい鞭打ちがあるか、期待が高まります。

また、わたくしはレザーのスカートを履いた女性を見ただけで感じてしまいますので、その点でも好きな写真です。

プレイの最初から最後まで女王様がずっと何となく不機嫌で、優しいお言葉など全く無く、とてもハードなペニス責めによって最後は勃起も出来ない状態になって70分が終わるということもありましたが、わたくしは、どのような時も女王様についていかなければならないと思っていましたし、もしも女王様に見捨てられてしまったら自分は終わりですので、何でも受け入れるつもりでした。

ただ、わたくしに落ち度があったのならばただただ申し訳がないので、そのことは気になっていました。

今となってはそういう時のこともとても懐かしく思い出されます。


この記事のURL | 画像 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。