FC2ブログ
2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
貴子女王様による夢のご調教「黄金の味」6.
2010/05/16(Sun)
(以下の文章はフィクションです。)

貴子女王様は再びお聞きになりました。

「どうする?

これからは女王様の黄金を食べさせていただいた時だけ、お前はオナニーして射精することが出来るの。
黄金は女王様の都合のいい時しか食べられないから、お前がいつオナニーして射精出来るか、わからないってことになるのよ。

わたしの言っていること、理不尽かしら?
そんなこと、ないわよねぇ?

だって、お前は女王様の黄金を食べさせていただいて、さっきまでちんまりしていたペニスがこんなにも、はち切れそうに勃起しているんだから、女王様の黄金を食べさせていただいた時にだけ射精するってことに決めておくのが、お前にとっても幸せなことなのよ。

そうでしょ?

もしそれで良かったら、わたくしはこれからは女王様の黄金を食べさせていただいた時にだけオナニーさせていただきます、って言ってごらんなさい」

私は貴子女王様に申し上げました。

「わたくしは

これからは

女王様の

黄金を

食べさせて

いただいた

時にだけ

オナニー

させて

いただきます」

貴子女王様は

「ハッハッハッハッハッー!」とお笑いになりました。

そして、

「お前、偉いわね。今度、いつオナニー出来るかわからないんだから、今、オナニーして、たくさん射精してごらん」

とおっしゃって下さいました。

私は「はい」とお答えして、コンドームを被ったペニスを右の手でしごき始めました。

口の中に残っている貴子女王様の黄金の苦味を唾に混ぜて味わいながら、親指と人差し指と中指で亀頭を、薬指と小指でペニス本体の前のほうをつかみ、万が一にも早漏などの粗相をしないよう、ゆっくりと慎重に前後にこすり始めました。

口の中に残っていた貴子女王様の黄金の苦味と、これからの一生は童貞のままで過ごすばかりではなく、貴子女王様の黄金用の便器にしていただいた時にのみ射精することを許されるということの悦びから、指の中のペニスは今までの人生で最高の歓喜を示し、精液が少しずつ上昇して、海綿体の中で限界に達するまで充満してきました。


わたくしは

これからは

女王様の

黄金を

食べさせて

いただいた

時しか

射精は

いたしません

これから

何か月も

何年も

射精させて

いただけ

ないかも

知れませんが

それでも

わたくしは

構いません

貴子女王様の

奴隷に

して

いただく

ためならば

わたくしは

どんなことでも

いたします

わたくしは

貴子女王様の

奴隷に

して

いただける

ならば

これから

一生涯

射精

させて

いただか

なくても

構いません


私はそう想いながら、目をつぶって射精の瞬間
を迎えました。

放出された大量の暖かい精液を私はコンドームの先端の袋に絞り出し、貴子女王様の目の前での射精を無事に終えることが出来ました。

久しぶりに貴子女王様に見守っていただきながら射精した私は、全身が痺れるような、とても大きな幸福感に包まれていました。

私は、今後どのように困難なことを貴子女王様に言いつけていただいても、耐えていこうと心に誓いました。

(終わり)

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

この記事のURL | 貴子女王様 | CM(2) | ▲ top
貴子女王様による夢のご調教「黄金の味」5.
2010/05/16(Sun)
(以下の文章はフィクションです。)

貴子女王様はおっしゃいました。

「ほら、シートの上に落ちちゃうわよ。せっかくいただいた女王様の黄金なんだから、早く舌を引っ込めて、口の中で噛みしめてみなさい」

私は貴子女王様の黄金を下に落としたりしないように、舌の先を上に反らせて、ゆっくりと慎重に口の中に戻しました。

そして、上の歯茎の後ろの、口蓋の前の方の硬い部分と舌の間で、貴子女王様の黄金を押し潰してみました。
その時、口の中の先の部分に溜まった唾液が、貴子女王様の黄金に混じるようにしました。

私の唾液と混じった貴子女王様の黄金からは、今まで味わったことのない苦味が口の中に拡がってゆき、口蓋の後ろの方の柔らかい部分や、喉に近い部分でも、その苦味が粘膜の中に溶け込んでいくような感じがしました。

もう2ー3回、舌と口蓋の間で、貴子女王様の黄金を押し潰すと、貴子女王様の黄金はペチャリと平らになって、そこからさらに苦い味があふれ出しました。

貴子女王様の黄金は、味も、口の中の粘膜で触ってみた感触も、ほぼ想像した通りでした。

でも、分量がスプーン一匙分であることが、私の生理的な負担を軽くしていました。

そして、今、自分の口の中で苦い味を発散させているものが、つい先程までは貴子女王様のお体の中にあったのであり、しかも、その一部はもともとは貴子女王様のお体の細胞で、新陳代謝によって貴子女王様のお体から分離したものであるということ、つまり今、私の口の中にあるものの一部は貴子女王様そのものであったのだということを思い出すと、精神的な抵抗感は半減し、むしろ性的な悦びが沸き起こってきて、私のペニスはますます強く勃起しました。

私は、貴子女王様の肉体から分離したものが自分の肉体と溶け合いつつあることの悦びから、感極まった気持ちになり、目をつぶって口の中の貴子女王様の黄金の感触と苦味を味わっていましたが、貴子女王様の笑い声で我に返りました。

「アハハハハハッ!お前、何て顔してるのよ!早く飲み込みなさい!」

貴子女王様のお声に私は少し慌てて、それでも出来るだけゆっくりと、貴子女王様の黄金を食道の方へと送り込みました。

貴子女王様の黄金は、食物であるというよりも、何か特殊な物であるという感触を私の喉に残して、私の食道を通過してゆきました。

食物ではない異物をうっかりと飲み込んだ場合と異なっていたのは、口の中の粘膜に貴子女王様の黄金の苦味がこびりつくように残っていたことです。

貴子女王様は、私が貴子女王様の黄金を飲み下す様子をご覧になると、「あら、良く出来たわねー。さあ、次の一杯をお食べなさい」とおっしゃって、スプーン一匙分の黄金を再び私の口の前に差し出して下さいました。

私がまた舌を差し出すと、貴子女王様は舌の上でスプーンをひっくり返されて、黄金を舌の上にこすり付けて下さいました。
私は貴子女王様の黄金を乗せた舌を、口の中に戻しました。

そして、貴子女王様の黄金を口蓋と舌の間で2回ほど押し潰し、出来るだけ多くの唾液と混ぜるようにして、それから一気に飲み下しました。

喉の入り口にまた強い苦味を残して、貴子女王様の黄金は私の胃の中に落ちてゆきました。

私の胃の中で、何かが「ググッ」と動くのを感じました。


これで

わたくしは

男でも

人間でも

なくなりました

わたくしは

今では

細菌と

同じレベルの

生き物です

わたくしは

貴子女王様のお身体の中で

生かせていただいてから

貴子女王様の

腸内細胞の死骸と共に

貴子女王様の香しいアナルから

捨てられて出てくる

細菌と

同じレベルの

下等な生き物です

貴子女王様

どうかお願いです

これからも

わたくしを

そんな下等生物と

同じように

扱われて

下さい


それから、貴子女王様はスプーンとカップの触れ合うカチャカチャという音を立てられて、コーヒーカップに残った貴子女王様の黄金の残りを、スプーンですくって下さり、私の口の前に差し出されました。

「スプーンを舐めて、綺麗にしなさい」

私は舌を出して、顔を左右に傾け、スプーンの表と裏に付いていた貴子女王様の黄金を綺麗に舐め取りました。

そして、舌で舐め取った貴子女王様の微量の黄金を、口の中で唾液と混ぜ、再び飲み込みました。

唾と混ざった貴子女王様の黄金は、喉の入り口に苦い味を残しながら、私の胃の中に飲み下されてゆきました。

すると、貴子女王様はコーヒーカップを横に倒してお持ちになり、カップを私の口先に近づけられて、命じて下さいました。

「お前の舌を使って、カップの中に残ったのを舐め取りなさい」

「はい」

私は舌を出して、貴子女王様の差し出して下さったコーヒーカップの中を舐め回し、カップの表面に薄く付着していた貴子女王様の黄金を舌で全て舐め取りました。

私が舌で、コーヒーカップの中に残っていた貴子女王様の黄金を舐め取っている姿をご覧になって、貴子女王様はお笑いになりました。

「ハッハッハッハッ! お前、惨めな姿だねぇ」

私は舐め取った貴子女王様の黄金を、また口の中で唾液と混ぜ、飲み下しました。

貴子女王様は私が黄金を飲み下すのをお見届けになると、お持ちになっていたコーヒーカップの中にスプーンを入れて、ビニールシートの上に置かれました。

そして、両手にはめられていた薄いビニールの手袋を外されて、それもビニールシートの上に置かれました。

それから、貴子女王様は椅子から立ち上がられると、乗馬鞭をお持ちになって、また椅子に腰掛けられ、私におっしゃいました。

「女王様の黄金を綺麗に食べたわね。お前のペニス、立ちっぱなしじゃない」

貴子女王様はそうおっしゃると、乗馬鞭の先で私の激しく勃起したペニスの先を、3回ほど左右に軽く叩いて下さいました。

「あーっ!あーっ!」

私は呻き声をあげました。

「アハハハハッ!」

貴子女王様はお笑いになると、再び乗馬鞭の先で私のペニスの先を左右に2ー3回叩いて下さってから、こうおっしゃいました。

「これからは、女王様の黄金を食べた時だけ、お前がオナニーすることを許してやるっていうのはどうかしら?

お前はこれから一生、女王様の黄金を食べた時しか、オナニーも射精もさせてもらえなくなるってわけ。

もしもこれからは、女王様の黄金を食べた時だけしか、オナニーして射精することは出来ないってことでいいんだったら、今、オナニーしてごらん。

さあ、どうする?」

貴子女王様は私にこうお聞きになってから、私の当惑した表情をご覧になって、「ククククッ!」とお声を殺してお笑いになりました。

(続く)


この記事のURL | 貴子女王様 | CM(0) | ▲ top
貴子女王様による夢のご調教「黄金の味」4.
2010/05/16(Sun)
(以下の文章はフィクションです。)

貴子女王様がなかなか戻っていらっしゃらなくても、私は不安にはなりませんでした。

むしろ、これから貴子女王様が私にして下さるであろうことを考えると、物凄く強い性的興奮が生じて、先程の蝋燭による厳しい責めのために小さく萎縮していたペニスが、また最大限にまで激しく勃起してきました。

10分ほど経ったでしょうか、トイレのドアを開閉する音が聞こえ、ハイヒールが床を打つ足音が近付いて来ました。
そして、ルームのドアが開くと、貴子女王様が入っていらっしゃいました。そして、ビニールシートの上で土下座したままの姿勢でいる私の傍らにお立ちになりました。

「頭を上げなさい」貴子女王様のお声が聞こえました。
私が頭を上げると、貴子女王様が銀のスプーンの入ったコーヒーカップを片手にお持ちになって、私の右側に立っていらっしゃいました。

「わたし、手が塞がっているから、お前は立ち上がって、そこにある椅子をシートのすぐそばに持って来なさい」と貴子女王様はご命じになりました。

私は「はい」とご返事して立ち上がり、椅子をシートの横に運んで来ました。

すると、貴子女王様は「またシートの上で膝立ちになりなさい」とご命じになったので、私はシートの上に戻り、膝立ちになりました。

すると、貴子女王様は椅子にお座りになり、笑顔を浮かべられながらおっしゃいました。

「お前がずっと待ち望んでいたものを、今日、食べさせてやるわ。

お前がこれを食べたくて仕方がないってことは、お前のその勃起したペニスを見ればよくわかるわね。

これを全部食べたら、もうお前は人間であることにおさらば出来るのよ。

はい、あーんして」

貴子女王様はそうおっしゃると、上体を私の方にすこし傾けられて、右の手にお持ちになった銀のスプーンで、左の手にお持ちになったコーヒーカップから、茶色の物体を一さじ分おすくいになって、私の口の前に差し出されました。

貴子女王様がお持ちになった銀のスプーンにのっていた茶色の物体は、紛れもなく貴子女王様の黄金でした。

貴子女王様の黄金は、色は黄土色でもなく、焦げ茶色でもなく、ちょうど程よいブラウンで、見た目は特に水っぽい感じでもなく、また固そうな感じでもありませんでした。

また、貴子女王様の黄金には、何か私がそれを口にすることを妨げるような匂いらしい匂いもありませんでした。

貴子女王様は

「ほんとは、女王様の黄金をもっとたくさん食べさせてあげることも出来たのよ。

でも、お前が簡単に食べられそうなところだけ、わざわざ選んできてあげたのよ。

大変だったんだから。

さあ、お前の口に入れてあげるから、舌を出しなさい」

貴子女王様にご命じいただいた通り、私は舌を突き出しました。

貴子女王様は「そう。いい子ね」とおっしゃって、スプーンにのった貴子女王様の黄金を私の舌の上にこすりつけて下さいました。

まだ貴子女王様の体温が残っているのか、私の舌にのった貴子女王様の黄金は少し温かいような気がしました。

(続く)

この記事のURL | 貴子女王様 | CM(0) | ▲ top
貴子女王様による夢のご調教「黄金の味」3.
2010/05/16(Sun)
(以下の文章はフィクションです。)

貴子女王様は無言のまま、私の背中や尻を20回ほど1本鞭で打って下さいました。
私は悲鳴を上げることはこらえて鞭打ちに耐えていましたが、それでも次第に痛みが激しくなってくると「うっうっ」という声を漏らさずにはいられませんでした。
私が「もう限界かも知れない」と思い始めた頃、貴子女王様は鞭打ちを止めて下さいました。

鞭打ちが終わると貴子女王様は私の前に戻られて、再び椅子に腰を掛けられたようでした。
そして、貴子女王様が「頭を上げなさい」とご命じになったので頭を上げますと、椅子に腰掛けられた貴子女王様は上体を前に伸ばされて、封を切ったコンドームを私の顔の前に差し出され、「これをお前のその汚いペニスに付けなさい」とおっしゃいました。

私はコンドームを口でお受け取りすると、膝立ちの姿勢のままで、鞭打ちの間に少し小さくなっていたペニスにコンドームを付けました。
私は家でオナニーをする時、ペニスがあまり強く勃起しているとコンドームをうまく付けることが出来ないことがあり、もし貴子女王様が厳しい鞭打ちをして下さらなかったならばペニスはずっと激しく勃起したままで、コンドームを付けるのに苦労したかも知れませんので、貴子女王様が1本鞭で打って下さってかえって良かったと思いました。

私がコンドームを付けると、貴子女王様は「立ちなさい」とご命じになりました。
私が立ち上がると、貴子女王様も立ち上がられて私の後ろに回られ、麻縄で私を高手小手に縛って下さいました。
貴子女王様が私を縛って下さっている間、いつものように私のペニスはまた激しく勃起し始めました。
でも、貴子女王様はそのことをお咎めになることもなく、私の上体を縛り終えると、床にビニールのシートを敷かれて、「ここに仰向けになりなさい」とご命じになりました。
私は上半身を縛られていてバランスを保つことが難しいので、慎重にシートの上に腰掛け、体を倒して仰向けの姿勢で横になりました。

貴子女王様は私の腰の横にかがまれると、私のペニスに付けたコンドームの縁を少し亀頭の方にまくり上げてから、恥丘や睾丸やペニスの根元にローションを塗り、いつものような素晴らしい手際の良さで私の陰毛をつるつるに剃り上げて下さいました。

そして、貴子女王様は剃毛を終えられると、太くて短い赤い蝋燭を2本持ってこられて火をつけ、蝋燭を両手にお持ちになり、私の胸や腹に蝋を垂らされ、さらにペニスや睾丸を蝋燭で責めて下さいました。
ペニスにすぐ近くから蝋を垂らされると、痛みを感じるくらい物凄く熱くて、私は「あーっ!」と呻き声を上げました。
すると貴子女王様は「ハハハハ!」と楽しそうに笑って下さいました。
あまりに厳しい蝋責めのために、私のペニスはすっかり萎えてちんまりと小さくなりました。

ペニスと睾丸が蝋で真っ赤になると、貴子女王様は蝋燭責めをやめて下さり、私の肩を手で支えて私の上体を起こして下さいました。
それから貴子女王様は私の腕を縛っていた麻縄を解いて下さり、「お楽しみはこれからよ。蝋を落としなさい」とおっしゃって、櫛を貸して下さいました。
私は櫛と自分の手で胸や腹や下腹部に付いていた蝋を落としました。

私が蝋をほとんど落とすと、貴子女王様は「わたし、トイレに行ってくるから、お前はこの上で土下座して待っていなさい」とおっしゃって、私が体を横たえていたビニールシートを指差されました。

私は貴子女王様に命じていただいた通り、ビニールシートの上で土下座し、額をシートにこすりつけた姿勢になりました。

すると、貴子女王様はドアを閉めてルームから出て行かれ、なかなか戻っていらっしゃいませんでした。

(続く)

この記事のURL | 貴子女王様 | CM(0) | ▲ top
貴子女王様による夢のご調教「黄金の味」2.
2010/05/16(Sun)
(以下の文章はフィクションです。)

クラブに電話をして、いつものように日曜日の午後4時から貴子女王様にご調教していただくように予約をしました。

そして、クラブを訪れる前日には町のドラッグストアで歯磨き液のリステリンを買い求めました。そのお店で売られているリステリンには試供品の小瓶入りのリステリンが一緒に付いていて、小瓶ならば持ち運びに適していると思ったからです。
ただ、リステリンを買う時に、たまたまレジのカウンターの向こうの棚にうがい薬のイソジンが置かれていることに気付き、小瓶入りのイソジンも買いました。

そうして、いよいよ貴子女王様のご調教をお受けするために出掛けることになりました。

その日に貴子女王様の「あれ」をいただくことになるのかどうか、それは貴子女王様のご都合次第で、本当にそのようなご調教をしていただくのかどうかはわかりませんでしたが、それでも貴子女王様の「あれ」をいただくことになるのかも知れないと考えると、そのたびにペニスが本当に激しく勃起して困ってしまいました。
毎晩入浴の際に貴子女王様の「あれ」をいただくことを想像しながらオナニーをして射精していましたが、射精をした直後でもそのことを考えるとまた激しく勃起してしまうのです。

そんな状態ですから、電車に乗ってクラブに向かう間もペニスは断続的に勃起していました。

東京に着いて、いつものように予約した時間の1時間前にクラブに確認の電話をすると、貴子女王様は少し遅れていらっしゃるので、4時頃に来てほしいとフロントの人に言われました。
そういうことはよくあることなので、クラブの最寄りの駅に着くと、駅ビルの中にあるカフェで時間を潰し、それから4時10分前位にクラブに着くようにしました。

クラブのフロントで受付を済ませると、係の人に貴子女王様はもう先にルームに入られて、お待ちになっていらっしゃると告げられ、私はすぐに下の階にあるルームに行きました。

ルームのドアをノックすると、貴子女王様の「どうぞ」というお声が聞こえましたので、ドアを開けて中に入りました。

11月の半ばで結構寒い日でしたが、ルームの中は暖房が十分に効いていて、貴子女王様はすでに黒のエナメルのビキニに着替えられていて、笑顔で私を迎えて下さいました。

心地よく暖まったルームに足を踏み入れ、貴子女王様の柔らかい笑みを見て、私のそれまでの不安や緊張が一気に解消しました。
私はコートを脱いで壁のハンガーに掛けてから、貴子女王様に勧められるままルームの一方の端にある長椅子に座り、貴子女王様は私の斜め前に置かれた椅子に腰掛けられました。

椅子の傍らの小さなテーブルの上には、携帯電話とルームの鍵、煙草とライターと灰皿、そしてスターバックスのコーヒーのグランデの容器が見えました。

貴子女王様は黒のエナメルのビキニと、黒の女王様用の首輪を身に付けられていて、首輪とビキニのバストとウェストから銀色の鎖の飾りがぶら下がっていました。

ルームの照明が赤いカーテンとカーペットに反射して、貴子女王様のすべすべとしたお肌は少し光沢を帯びているように見えました。
そして暖房がガンガン効いているせいか、貴子女王様のお顔も少し火照っているような気がしました。

椅子に腰掛けられた貴子女王様は、おみ足を組まれるのではなく、右足は膝を折って足首を椅子の下の方に曲げ、左足は真っすぐ前に伸ばしていらっしゃいました。そうして貴子女王様は微笑まれながら私のことを眺めて下さっていました。

私は貴子女王様と目を合わせると、貴子女王様の微笑みに誘われるかのように自分から話し始めました。

「この前、貴子様がおっしゃっていらっしゃった、コーヒーカップを持って来ました」
「そう、今日は出来るかも知れないわね・・・。どんなの持って来たの?」

私は自分の膝の上に置いたカバンのファスナーを開き、持参したエスプレッソ用のコーヒーカップを取り出し、貴子女王様にお渡ししました。
貴子女王様はコーヒーカップを手にされて、笑われながらおっしゃいました。
「小さいわねー。これ、エスプレッソのカップじゃない?」
「はい、そうです」
「イタリアとか、行ったことあるの?」
「いえ、イタリアはありません」
「そう・・・。お前、わざと小さいのを持って来たでしょ?」
「いえ、そんなことは・・・」
「まあ、いいわ・・・。でも、大盛りにしてあげるわよ。小さいから舌で掃除するのも楽よね・・・。他には何か持って来た?」

私はカバンの中から歯ブラシと銀メッキを施したスプーン、それにイソジンとリステリンを取り出し、両手に持って貴子女王様にお見せしました。

貴子女王様はそれをご覧になると、「あらー、用意がいいわねー」とおっしゃって、また少しお笑いになりました。
そして、「じゃ、シャワーを浴びていらっしゃい。持って来たものは洗面台の上に置いておきなさい」とご命じになって椅子から立ち上がられたので、私も「はい」とお答えして立ち上がり、衣類を脱いでから長椅子の上に置かれたタオルと自分が持参したものを手にしてバスルームに向かいました。

シャワーを浴びている間も、普段のシャワーの時とは全く違うくらいペニスが激しく勃起し続け、これから自分に起きるかも知れないことを考えると眩暈がするような気がしましたが、それでも自分の心を落ち着かせるように努め、洗面台の上に置かれているボディーシャンプーを使って体を洗い、特に脇の下や亀頭や睾丸、そしてアナルの辺りは念入りに清めるようにしました。

そしてタオルだけ持ってルームに戻り、ドアをノックすると、貴子女王様の「はい」というお声が聞こえましたのでドアを開きました。
貴子女王様はすでに準備を済ませていらっしゃって、椅子に腰掛けておいででした。
その時の貴子女王様のご表情には何か待ちきれないというお気持ちが現れているような気がしました。

私はルームに入り、ドアを閉じて鍵をかけ、タオルを長椅子の上に置きました。
そして、貴子女王様の前へと歩み寄り、黒のパンプスをお履きになった貴子女王様の足許にひれ伏し、「貴子女王様、本日はご調教よろしくお願いいたします」とご挨拶しました。

すると貴子女王様は立ち上がられて、私に土下座の姿勢を取らせたまま私の後ろに回られました。
そして、先程とはうって変わった冷たい口調で「お前、今日は覚悟は出来ているわね」とおっしゃり、私の背中と尻を1本鞭で打ち始めました。

(続く)

この記事のURL | 貴子女王様 | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。